名前の由来。

なぜこのLala Marjoram(ララ マージョラム)という名前にしたのかよく聞かれます。

そして何語ですか?(笑)と。(Marjoramは英語名で,ハーブ草の総称名の意味です。)

Lala Marjoramの由来は,まだアロマの勉強を始める前の頃,子供が小さく子育ての疲れを感じていました。

そう,自分自身イライラしていたのですね。そんな時にアロマトリートメントを始めて受けました。

そのアロマトリートメントの心地よいゆっくりとしたリズムと,香りが素晴らしく,心の底から癒された事を昨日のように覚えています。

何にイラついていたのか,気持ちがスーっとなくなり.. その日一日幸せな気持ちでいっぱいでした。

そう,これが精油のパワーを感じたのもこのアロマトリートメントをしてもらった時。

そして,そのアロマセラピストさんがブレンドして頂いた精油がマージョラム,フランキンセンス,レモンバーベナでした。

今思えば,あの時同じくして出会った精油が,プラナロム社の精油だったのですね。

 

始めてアロマって凄い!と瞬時で思いました。その3つのブランドのどれかをお店の名前で使いたい!と単純に考えたのです。

その中でマージョラムの精油の名前を選びました。昔魔女と言われた人たちはハーブ使いだったのです。

マージョラムの名前は魔女っぽいし,響きも良い!ということで決定しました。

しかしマージョラムだけは多く使われており,お店でもありそうと感じ何かひねりを考えた時,,ララの登場です。

 

これは昔読んだ小説の主人公の名前でした。

ララちゃんはたった一人の何でもない普通の娘から,努力し,がんばって大きな会社を立ち上げそのブランドを自分の名,”ララ”を作りあげました。
ララは世界中に知れわたり最後には成功をつかみ取る,,という物語です。

途中にいろいろな事はあったけど,自分の信念を貫いて負けずに戦ったララちゃん。

小説を読んで自分も同じ気持ち,ララみたいにかっこいい自分になりたい。そう抱いたわけです。

そして。。Lala Marjoram(ララ マージョラム)が誕生しました。2006年春の出来事。


スクールのこだわり。

アロマテラピーは奥が深いと言われます。

本当に精油の植物学から科学成分,解剖生理学,はたまた応用脳力学まで。。幅広い分野の勉強が必要です。

しかし,勉強も大事ですが一番はアロマテラピーを好きになってもらわない事のには意味がありません。

私のスクールでのこだわりは,まず精油を好きになってもらうこと。

精油が好きになってもらうこそ,勉強が楽しくなる。そして精油の知識,新しい配合を学ぼうとする。

Lala Marjoramの生徒さんはみんな精油が大好きです。何より使いこなしています。

正しい知識,成分分析表,難しいこともたくさんありますが,根本として好きこそ力になれ。です。


卒業生のみなさん。また先生になる資格を取った方へ。

アロマの資格を無事取得した生徒はたくさんいます。もちろん個人で始めだした人も。

また自分で研究し,自分だけの香りを探す人。新しいより上の資格を目指す人。

そういう方々にもLala Marjoramは考えだしています。

インストラクターを取得し,さらに上を目指すトレーナーの講習のため,他県より講師をお呼び講習も行います。

私もあと一歩,トレーナーの道は険しいものですが,価値あるアロマのスペシャリストに。同じ思いの方もご連絡をください。

また,中筋店をオープンし,調合の練習をしたい,講習とは違うかたちで習いたい。

資格はあるし,生徒もいるのだけど,場所など,,と思う人もたくさんいます。

そんな人たちに貸し出しも考えています。より互いにマッシュアップしあい,アロマを広めてみませんか。

※ 資格取得有無問わずご連絡ください。

Share this page

FacebookTwitterMore...