私が所属しているアロマコーディネーター協会の会報誌に、
あのRe cafeのことが掲載されました♪
アロマの会報誌は全国のアロマーコディネーターに配られます。
私は今回、「田舎でアロマを発信」というテーマで原稿を書いてみました。
掲載されるかされないかは分らないけど、とにかくこのReの事が書きたくて原稿を出しました。
田舎でアロマをどのように発信しているか?
街に比べて田舎ではどのように受け入れられているか?
そして、田舎だから出来るよさをアピールしました。
そしたら、コーディネーター協会の事務局が、Re cafeのの取り組みや、廃校の木造校舎でのアロマや色んなイベントなど、田舎のよさを活かしてるという事で、毎回沢山の原稿が送られる中、掲載される事になりました。
当初は1ページの枠だったのに、Reの取り組みが良かったので画像なども入れて2ページで掲載して頂きました。
そうなんです。今回は本当に田舎での取り組みが良かったと思います。
街は街のやり方がある。
でも、ここでしか出来ない事も沢山あるんです。

アロマ会報誌の一部の文から
地元の活性を目的として地元ブログ(Re安芸高田)を作っている方がいますが、とても人気で、そのブログを見ると地元の事がだいたいわかるので、そのブログを書いてるrootさん(本文では実名です。勝手に書いてすいません)に取材に来ていただいたりで、その後も私の強い味方になってくれています。
rootさんは沢山アイデアをだしてくれて第1回Re的オープンカフェというイベントを考えてくれました。
このイベントでは地道に頑張っている人が集まり自分の作品を出したりバンドを頑張っている人達がきたり地元のお米やお豆腐、コーヒーもオープンカフェスタイルで出店しました。
そして第2回目は安芸高田市の廃校になる木造校舎を借りて大きなイベントをしました。
宣伝はrootさんのブログと広島ブログというブログランキングだけだったのに当日600人もの人達がこの田舎に遠くから足を運んで来てくれました。
  続く・・・・
 
このような感じでReの事を私は紹介しました。
田舎で頑張ってる方が少しでも心強くなるために。
そして、色々な可能性もあるという事に。

FacebookTwitterMore...