植物オイル

アロマテラピーは精油が主役ですが、植物油の名脇役がいないと精油を

体に塗布する事はできません。

体に運ぶという事でキャリアオイルと言われています。

植物油も精油のように、色々作用があります。

この植物油も深く学ぶ事で、アロマテラピーがより良い物になっていきます。

アロマアドバイザーでは5種類の植物オイルを学びます。

ローズヒップ油

アルガン油

カロフィラム油

ホホバ油

ファーナス油

シアバター

実際に全て手に取ってオイルの質感などを感じてもらいます。

そして、そのそれぞれの特徴を伝えます。

インストラクターではさらに9種類増えて

アプリコット油

グレープシード油

アルニカ油

セントジョーンズワート油

イブニングプリムローズ油

カレンデュラ油

ヘーゼルナッツ油

スィートアーモンド油

小麦胚芽油

これらの植物オイルを学びますがアドバイザーと学び方が違うのは

オイルの構造式を学びます。

オイルの構造を知る事で、どんなオイルが酸化しやすいかなどが

わかってくるのです。

ただ酸化しやすいと言うのではなく、化学的にみていくというのが特徴となります。

だから植物オイルも深く学ぶと面白いのです(^^)

是非NARDインストラクターを学んでみませんか?

アドバイザーを取得した後に進むコースです。

本当に難しい事も沢山ありますが、どんどんわかってくるから逆に

勉強が面白くなるのです。

NARD アドバイザーの資格をお持ちの方で考えてる方は

いつでもお気軽にお声をかけてくださいね。

いつでも相談にのりますよ(^^)

FacebookTwitterMore...