今日の朝も署名を若い女の子がわざわざ甲田町から持ってきてくれました。
くんちゃんの緊急連絡先に電話して、どうしても持ってきたかったと・・
本当にありがたいです。
他にもあって最終署名人数は
市長宛1575人議長宛1551人と増えました。本当にありがとうございます。
今日の午後13:00皆さんの署名を持って市長に会いに行ってきました!!
当初私一人で行く事になっていましたが、急遽保護者(男性)の方が付いてきてくれて、とても心強くなりました。
安芸高田市は署名の数にビックリされたみたいです。
そして、市長も今回初めてRe-akitakataのブログを見たそうです。
それだけ、行政はRe-akitakataのブログサイトに敏感だという事もわかりました。
市長は、そのブログを見て皆さんの怒りやお思いが伝わってきた。この署名数までさせたのは、行政が悪いと今回の件は申し訳ありませんと言ってくれました。
そして、市長が言ってくれた事をまとめました。
1・6年生まで受け入れをすると言った以上受け入れをする。
2・現状イルカクラブに通ってもよい。
3・職員を増やす
4・夏休み頃、人数が多くなるのでその対策をこれから議会にかけて考える
  その際、今回のような不安感や不信感は保護者にさせない。
5・受け入れ拒否をした子供に対しては受け入れを許可する。
6・これから人数が増える事を考えて、場所等も検討する。
このような事を約束してくれました。
そして、今日は中国新聞の記者さんも、そこへ同席してくれたので
今回の件は新聞に掲載され、ただの口約束では絶対すまされなくなりました。
中国新聞さんが来たのは、やはりRe-akitakataで市民や他の市からも署名活動が広まり、関心度も高いうえ、これはもう内々で収める事が不可能と思った為に取材に来たそうです。この件の関心の高さとネットのすごさを改めて感じたと言われました。
やはり二日間で1500人以上の署名数が行政を動かしたのだと思います。
私達保護者は、皆様に感謝をしてもしきれないくらいです。
しかし、今回の件を泣き寝入りせず、諦めずに終わったのも皆様の署名や励ましのお言葉があっらからだと思います。
一人一人のパワーでは弱いけど、これか沢山の人が一つになって大きなパワーになったと思います。
この一週間本当に長かったけど、こんな経験をさせて頂いたという事もありがたいと思いました。
署名をして下さった皆さん!励ましメールを書いてくれた皆さん。
私達は、そのお言葉でどんなに救われた事か・・・
文章がヘタなので、上手く伝えられない部分もあるけど、今回本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。
皆様ありがとうございました。
今日急遽市長の所に行く事になり、アロマトリートメントのお客様に申し訳なく思います。折角こんな雨が降る日に可部からバスで来て頂いて、おまけに署名までして頂き・・
しかし、今回の件を話したら気持ちよく了解をして頂き次回の予約までして帰って頂きありがとうございました。
    

FacebookTwitterMore...