上の画像はナードの座標軸を見て

精油を考察している所です

今日はナードアドバイザーレッスン6

ここから解剖生理学が始まります!

ここの章では微生物、免疫、呼吸器などを学びます。

ここの章はよく知っているようで

意外に知りません。

微生物を一つ一つ理解することで精油のチョイスの仕方が変わってきます。

呼吸器のしくみと働きを知ることでウィルスや細菌が入った時にどのように体が防御していくかなどを学ぶと、

なるほど!だからあの精油を使うのかというのがわかります。

免疫を学んでいくと体は、一生懸命防御してくれるシステムが働いていて非常に愛おしく思います。

このことを理解することで免疫アップがいかに大事なのかと言うのが分かります。そして、精油の免疫調整作用の素晴らしさを知ることになります。

これら解剖生理学

 
を知り精油を学んだら、今度は精油考察をします。

アロマの資格を取ると

色々な人からアロマのアドバイスを求められます。

その時に困らないようにレシピなどを見るのではなく自分でブレンドする力を身につけないといけないのでそこをしっかりと伝えます。

なので今日は座標軸を見ながら

生徒さんに問題を出しました。

例えば

受験生でストレスがすごく溜まっていているのだけれども絶対に風邪はひきたくない!

こういった場合のブレンドはどのようなブレンドにしますかと生徒さんに問題を出しそれぞれ座標軸を見て考察してもらいます。

そしてなぜその精油を選んだのか、成分から見たらどうなのかというのを答えてもらうと

どんどんと自信がついてきます。

そしてアロマクラフトは、それぞれ自分で考えて免疫アップジェルを作ってもらいました(*^^*)

こうやって今からレッスン12までどんどん解剖生理学を学び精油のブレンド力を身につけてもらいます。

レッスンが終わって生徒さんがキラキラな目をして言っていました!

「先生!今まで病院に行ってもなんとなく聞いていたことが今日まさによくわかりました!知るという事は大事ですね!

そして何よりアロマテラピーって本当にすばらしいですね」

生徒さんのキラキラ光線な眩しかったです(=´∀`)人(´∀`=)

そして、昨日自宅開業セラピストコースの解剖生理学を学んだ生徒さんから

今日メール頂きました(*^^*)

下記に掲載しました。

本当に嬉しい感想を頂きました(*^^*)

昨日は、初めて学んだ内容で興味深く、あっという間の7時間でした。

今まで体が平面に見えていたのが、皮膚の下まで立体的に見えるようになりました。

トリートメントの時の身体の見え方がガラッと変わった感じがして、面白いです(*^^*)

次の座学も楽しみです。

  
ナードアドバイザー

ナードインストラクター

次回開講予定は10月です。

8月に説明会をおこないます。

ぜひララマジョで

学んでみて下さい。

後悔はしませんよ(*^^*)

FacebookTwitterMore...