先週末大阪でNARDアロマセミナーがあり行ってきました!
日本で初めてメディカルアロマを伝えた人、薬学博士の
ドミニック・ボドゥー氏です。
そう。ヨーロッパではアロマテラピーは治療として使用されているのです。
ロバート・ティスランドさんより早くボドゥーさんが
メディカルアロマを伝えていたら、もしかしたらリラクゼーションアロマ
よりメディカルアロマの方が浸透していたかも!
ボドゥー氏はフランス語なので通訳を通してのセミナーでしたが
とても分りやすかったです♪
テーマは
「電子座標軸と4つの体質 ヒポクラテスの教えをもとにした
                   独創的はアロマセラピー」です。
性格や体質は人それぞれ違います。
これをもとに自分の体質にあった精油をみつけるのです。
NARDの資格取得講座では、この座標軸の体質をみてより良い精油を
選ぶ事を学ぶのですが、今回はそれよりもっと深く追求したものでした。
人それぞれ性格や体質が違います。
それを、より深く知り自分にあった精油を探していくという深い講座でした。
当日は100人以上がセミナーに出席していました。
私がセミナーで座った席は、特等席といっても良いくらい、すばらしい
位置でした。
それは、私の隣はNARDの事務局の人。
私の前は化学の先生。
その隣も事務局の人。
そして前だったので、ボドゥー先生が、よ~く見えました。
化学の先生?お!これは、今やってる化学の事を教えてもらおうと
図々しくも休憩時間に先生に聞いてみました♪
「イソプレンの共有結合はこれでいいですか?」
そしたら、本当に丁寧に教えてくれました。
そして先生は「NARD会員の人は本当に皆さん熱心に勉強されてい
ますね。」とお褒めのお言葉まで頂戴しました。
あ~昨日ホテルで書いたノートがあって良かったと思いました。
で、後から帰って会報誌を見てみたら・・・・!!
なんと、私の前に座っていた化学の先生は、ただの化学の先生ではなく
NARD JAPAN会長 
東京薬科大学名誉教授 薬学博士だった・・・(--;)
何と無礼な事を・・・(><)
こんな人に「化学質問していいですか~」なんて、ぬけぬけとよく
聞いたものだ・・・(--;)
どうりで、会場に遅く行ったのに、あそこの前の席だけ
空いていると思った(--;)
しかし、そのお陰でモンモンとしていた化学も理解できたから良かった
事にしておこう(^^;)
そして、マタマタ今度はボドゥーさんにも質問!
いや~実になったセミナーだった♪♪
それからセミナーが終了してから楽しい時間が待っていました。
1日目はコーディネーターの友達!
やはり喋っていたらすぐに2時間たってしまいすぐにお別れの
時間がきました。
二日目はNARDのお友達!!
彼女は化学が強いから、沢山の事を教えてもらいました。
「電子殻が8個だから2個共有しないと安定しないから、ここを共有して
 電子が安定して・・・イソプレンの二重結合は・・・」
多分隣にいたカップルは、この話を聞いて引いていたかもしれません(--;)
こんなに勉強しているのに、彼女は本当に謙虚なのです。
これも、あっという間の5時間!
お店の人、長居してごめんなさ~い!
三日目!彼女とは4年ぶり!なのに全然ブランクを感じず
話は止まらなかった!
彼女のお友達の看護士さんも一緒でアロマの事にとても興味を持たれ
な、なんと!奈良県から私の所まで習いに来るという気合の入りようです!
その気合に答えて私も一生懸命分かりやすく教えてあげよう!!
あっという間の大阪だった~

FacebookTwitterMore...