精油をブレンドして作る香水。

あなたに必要な所に香りが届きます。

脳へ突き抜けるような香り。

心臓を通り抜けるような香り。

必要な所に届きます。

そして、同じ精油の香水を嗅いでも

人によって届く箇所が違います。

香りに心が解放され、

涙を流す事もよくあります。

1つの精油には100〜200の芳香分子が

入っていて、たった1本だけでも

香りが移り変わります。

それが3種類4種類と精油をブレンドしていくと、素晴らしい香りが

毎日移り変わっていきます。

最初はいろいろな香りをブレンドしていくと、みんな自己主張が強いから

香りが一つ一つずつはっきり香ったりするのですが、それが1ヵ月も熟成させると、あれだけ自己主張していた一つ一つの香りが、1つの家族になったように

調和がとれてくるのです。

香りは歴史上、古くから使われていて

歴史上の人物たちを魅了してきました。

今日はハンガリー王妃が使っていた

ハンガリーウォーターを香水にしてみました(*^^*)

1ヵ月後、熟成された香りを嗅ぐのが楽しみです。

アロマテラピーはメディカルにも使えるけれどやはり、嗅覚から脳へ。

自分で作る香水は最高ですね。

  

FacebookTwitterMore...