16:3:11

私ごとですが

昨日は娘の中学校の卒業式でした。

今娘は15歳。

私がアロマテラピーの勉強を始めたのが2003年

娘は2〜3歳でした。

娘が小さい時からずっとアロマテラピーの勉強をしていたのですが

最初の2年は通信教育での勉強で、やっぱり通信では

全然わからなくて、福山まで通っていました。

それから、全国各地沢山色々なところへ勉強いきました。

今でも年に沢山県外に行っています。

(確定申告で会計したら今年も年間交通費で

50万近く使っていましたーー;)

だから娘が小さい時から、家をあけるのも多々有りましたが

娘はそんな私をいつも助けてくれ、掃除や洗濯をしてくれていました。

家に帰れば、遅くまでアロマの勉強、資料作り。

トレーナーの試験の時には勉強漬けの毎日。

少し寂しい思いもさせてたと思います。

だから、土日が休みの時にはなるべく一緒に遊びにいくようにしていました。

そんななか、高校受験の面接の練習を中学校でしている時に

先生に

「尊敬している人は誰ですか?」

という質問がきたそうです。

娘は、急に言われたので、誰だ?!って思ったようです。

そして思いついたのが

「それは母です。自営業をしていて、大変だけどすごく仕事をしているし

テキパキとこなしているのをずっと見ていたからです」

と答えたそうです。

私はそれを聞いた時に心の底から嬉しかったです。

小さい頃から、母がアロマの仕事をしていて

それは趣味ではなく、教室も別の場所に借りていて

ちゃんと仕事としてやっているんだなと

娘は娘なりに思っていたみたです。

トレーナーの勉強をしているときは、

娘や息子は、アロマってこんなに難しい勉強をしているのかって

近くにいて感じたと思います。

私が勉強してる時は、いつも図書館に一緒にいき、

息子と娘も一緒に学校の勉強していました。

そんな母をみて、娘も自分もトリマーになって

絶対自分でお店を持ってやっていく!という目標を

小学校の時から持っています。

小さい頃から、私は仕事でずっと忙しくしていたけど

そんな私を見て、娘も自分の目標を持って成長したんだなと

嬉しく思いました。

娘や息子に、小さいころから

絶対努力したら、願いは叶うんだよ!

どうせ自分は出来ない、絶対無理って思わないように。

自分は絶対出来る!って思ってやったら

うまくいくんだよって教えてきました。

高校生になったらさらに羽ばたいて欲しいです(^^)

中学卒業したら、みんな友達もバラバラになるけど

また頑張っていってほしいです。

私が住んでいる安芸高田市は

サンフレッチェの里です。

サンフレッチェのユース達は、娘と同じ吉田中学校に

3学期から転校してきて、安芸高田のサッカー公園で

プロとしての技術を磨いています。

そんな今からプロになると思うサンフレッチェユースも娘達と

同級生なので、昨日は卒業式が終わってから

みんなユース達と写真を撮っていました(^^)

青春ですね♪♪若いっていいなって思いました。

今日は私の話ですいませんでした^^

 

FacebookTwitterMore...