昨日80歳の私の婆ちゃんにアロマトリートメントをしてあげました。
婆ちゃんは3年前首の頚椎の手術をしてその術後があまりよくなく手足がしびれるようになり足の爪もはがれ出しとても痛がっていました。
今までとても元気だった婆ちゃんが手術をして病人に変わってしまったのです。
手足がしびれ、さわってもチリチリするので1年中手袋と靴下は外せなくなりました。
色々な病院に行ってもては何処の病院もたらい回しです。
昨日も朝からもう痛くて痛くてどうしようもなく病院に行ったのですがわからないから、紹介状を書いてあげるからそこに行ってと言われ結局又たらい回しで治療も何もせずに終わっていました。
帰りに歩く気力も無く私の母が病院まで迎えに行きその帰りに私の家に寄りました。
婆ちゃんは気力も無くこんなに痛いのなら死んだほうがマシだと呟いていました。
こちらが何か言っても返事を返す気力もない位でした。
私がアロマトリートメントしてあげようか?と聞くと婆ちゃんはわらをもすがる思いで楽になるのだったら何でもしてという状態でした。
婆ちゃんにチョイスした精油は鎮静作用、鎮痛作用、組織再生作用に優れたラベンダーアングスティフォリアと各種感染症、抗菌作用、真菌性爪周囲炎に優れたティーツリーと抗炎症作用、鬱帯除去作用、神経炎に優れているジュニパーを使用してブレンドしました。
右脚裏から初めてももあたりにいくとももに変な筋肉がついていました。
これは左足をかばい右足に変な筋肉がついたのだなろ思いました。
足裏をしていると右足首が異常にむくんでいました。
脚裏、足裏をし背中をトリートメントしていると顔がだんだんと赤みがでてきて顔色がとてもよくなりました。
さっきまで喋る気力も無かった婆ちゃんが気持ちいい極楽極楽とずっといっていました。
アロマセラピーは身体にいいの?
と婆ちゃんがきいてきました。
お年寄りにアリマセラピーという言葉は少し難しいので柚子とよもぎを例に出して教えてあげました。「柚子をお風呂に入れると昔から体が温まり風邪をひかないって言うでしょ。それは意味があって柚子の中には身体を温めてくれたり免疫向上させたりする成分がはいっているの。今日使った精油には痛みを緩和させてくれたりむくみをとってくれたりする成分が入っているよ。」と教えてあげました。
婆ちゃんはそれでとっても理解してくれたようです。
トリートメント終了後とても元気になっていました。
今日は水を沢山のんでゆっくり休んでねと言いました。
婆ちゃんが帰り夕方電話がありました。
とっても元気そうな声で「チリチリするのがなくなて凄い体が楽になったよ!!」と明るい声で電話がありました。
私も凄く嬉しくなりました。
そして今日の朝も婆ちゃんから電話がありました。
昨日よりももっと楽になって飛び跳ねたい気持ちだよ!と(^^)
マタマタ嬉しくなりました。
身体が悪い人ほどアロマの効果はすぐに出るのだなと思いました。
今まで健康な人にしかアロマトリートメントはした事がなかったけど今回婆ちゃんをトリートメントしてみて具合の悪い人はすごく浮腫んでいたり変な筋肉が付いていたりと健康な人と全然違うんだなと、とても実感できました。
今回トリートメントして一番嬉しかったのは私の母かもしれません。
毎日あそこが痛いココが痛いと死んだような顔で訴えている婆ちゃんを見ていると自分まで気がめいってしまうといつもいっていました。
それが婆ちゃんの元気な姿顔色、顔つきが全然違うので自分まで元気になたようだと言っていました。
アロマセラピーのすばらしさに今とても実感しています。

FacebookTwitterMore...