IMG_3388.JPG

アロマテラピーでは妊産婦さんには注意する精油や

使ってはいけない禁忌の精油が沢山あります。

それは、精油の成分の中にはエストロゲン様作用や通経作用などあるからです。

妊婦さんがアロマテラピーを学ぶのは、注意や禁忌があるから無理なのでは

とお考えの方も沢山いらっしゃると思いますが

そんなことはありません。

今日の生徒さんは妊産婦さんです。

来月出産予定です(^^)

アロマテラピーに興味を持って頂いて、妊産婦さんですが

NARDアドバイザー資格取得講座に通って頂きました。

え?妊産婦さんでも学べるの?リスクはないの?使えない精油が沢山あるのでは?

と思われますよね。

だけど妊産婦さんだからこそ、精油の注意や禁忌に慎重になり

逆に禁忌事項の精油が頭に入ります。

そして NARDアロマテラピー協会のカリキュラムだからこそ

成分から注意事項や禁忌を学び、使ってはいけない精油がぼやけず化学的にも

理解するので逆に安全なアロマテラピーが出来るのです。

生徒さんはホルモン様作用や通経作用、神経毒性に働く精油がしっかりと

頭に入ったことでしょう(^^)

そして妊産婦さんにも注意や禁忌がなければ素晴らしい作用を発揮するのが精油とハーブウォーターです。

やはり初産ということで不安はあるし、寝付き悪くなる。

お腹の妊娠線予防だって気になるし。

そこをアロマで補います。

アロマテラピーを学んでからというもの生徒さんは寝付きがよくなり

肌もツヤツヤ♪

心の安定。

嬉しいですね(^^)

そして今日でアドバイザー12レッスン最後の日

最後の章は女性悩みを軽減するアロマテラピーの章

生徒さんは来月出産のため、陣痛の痛みを軽減するジェルを作成して帰りました(^^)

香りは脳へとダイレクトに伝わります。

香りをかぐことにより脳の深いところに伝わるため、痛みの軽減にもなります。

イランイラン

パルマローザ

カモマイル・ローマン

クローブ

パルマローザとクローブは妊娠中は禁忌になりますが、出産時には

助けてくれる精油です。

NARD精油事典処方集でも出産時のブレンドを確認します。

腰、脊髄の両側のくぼんだところに子宮のツボがあり・・・など

NARD精油事典処方集には使用例も書いてあるので

非常に塗布する場所、どんな時に塗布するかなどが詳細に書いてあるから

こういう出産時などの時には助かります。

だけど、ここではやはりアドバイザーレベルの知識が必要です!

そしてマンダリンをアロマストーンに垂らして陣痛でしんどい時には

それを香るということで不安な気持ちを緩和します。

今日でアドバイザーを終了し、あと残すはアドバイザー試験です。

生徒さん。今日でカリキュラム終了して

「本当にアロマテラピーは私の体にあっていて勉強はすごく楽しかったです。今日で終わりだから

Lala Marjoramに通えなくなるのがとっても寂しいです。

 赤ちゃんを産んで落ち着いたらまたインストラクターを学びに来ます!」

嬉しいお言葉です。毎回思うことなんですが、最初はみなさん資格を主に取得されに

来られます。だけどLala Marjoramに通ってくるうちに

資格を取得するというより、アロマテラピーが楽しい!もっと学びたい!

精油をもっともっと使いたいに変わって行きます。

そしてLala Marjoramにずっと長く通いたいとおっしゃってくれます。

ありがたいことです(*^^*)

赤ちゃんのケアも出来るアロマテラピー。

12:5

プラナロムの赤ちゃん用ブレンド♪

きっと生徒さんの赤ちゃんはアロマベビーになること間違いないですね(^^)

生徒さん。出産で今月実家に帰られるということなので

大量に精油注文をしてくれています(^^)

もちろん精油だけでなく、ハーブウォーターも。

精油を購入するとうことは、使いこなせていないと購入なんて考えません。

Lala Marjoramのアロマテラピーが伝わったと私は思います(^^)

 

メディカルアロマテラピーに興味がある方は

NARDアドバイザー資格取得講座→ここをクリック

NARDインストラクター資格取得講座→ここをクリック
ードアドバイザー資格取得無料説明会へ!
いつでも開催しています!

自宅開業セラピスト講座→ここをクリック

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先→082-870-4577
lalamarjoram@gmail.com

 

FacebookTwitterMore...