アロマテラピーとアロマセラピーは違うの?

日本ではアロマセラピーやアロマテラピーと、どちらでも言われていますが、正確に言うと下記のようなことです。

アロマセラピーは英語読み→イギリス式 (下にイギリス式の事を書いてるので参照)

アロマテラピーはフランス読み→フランス式

意味合いとしては同じです。

アロマは危険もありますか?

はい。あります。特に乳幼児や妊産婦さんは注意して使用しなければいけません。

植物だから全てが安心というわけではなく作用の強い物もあります。使用する前には基礎知識が必要になってきます。

精油で病気が治りますか?

フランスやベルギーでは医療現場で普及していたりしますが、日本では精油は医薬品や医薬部外品・化粧品でもない雑貨扱いです。

よって効果・効能を言うことは薬事法に違反する事になります。

しかし精油の成分を分析すると、医療で使用されている成分もありがすが、雑貨扱いになりますので自己責任のもとで使用する事になります。

日本ではどのくらい団体がありますか?

日本には大きなアロマセラピー団体が3つあります。

日本環境協会→イギリス式

日本アロマコーディネーター協会→イギリス式  JAA

NARDアロマテラピー協会→フランス式 NARD

NARDとJAAの違いは何ですか?

JAAはイギリス式 イギリス式は主にリラクゼーション目的で使用し香りによる精神面へのケアに期待します。

精油の使用濃度は低く0.5%から3%くらいです。

NARDはフランス式 フランス・ベルギーではアロマテラピーは医療現場などで普及しています。

精油成分分析表は必須になってきます。精油の使用濃度も0.5~100%と濃度が大変高くなっています。

NARDは,メディカルアロマとも言われます。

100均とかのアロマと何が違うの?

アロマテラピーで使用されている精油は100%植物ハーブから採られたものしか使用しません。

ラベンダーの精油を1ℓ採るのに160㎏の花穂が必要です。

ローズの精油は1ℓ採るのに4000㎏の花が必要です。(精油1滴に80個から100個の薔薇が必要)

100均などで販売されているのは、天然のものではありません。

資格を取ると何ができますか?

まずはアドバイザーを取得すると、色々な所で講師として活躍できます。(公民館やカルチャーなど)

また,ショップやエステなど美容業界でアドバイスなどもできます。

最近では、色々な団体から講師依頼の話も来るようになりましたが、やはり資格取得しているということが条件で多いようです。

エステとアロマトリートメントは同じ?

エステは美容を追及していて美のための施術。アロマトリートメントはホリスティックな考え方が大きいです。

ホリスティックとは心と身体の両方をケアすることで、自然治癒力を高め、病気になりにくい健康な身体を作るケアのことです。

そして香りによるリラクゼーション効果も期待でき、その人全体をケアしていく自然療法です。

男性でもできますか?

男性のアロマトリートメントは受付していません。

アロマスクールはグループレッスンでしたら可能です。

資格取得の流れ

アロマに関する資格の流れをまとめてみました。Lala Marjoramは資格取得後もフォローしていきたいと願います。

精油の知識

精油はデリケートな,また高価なものです。
知識がある人,初めての人にもう一度選び方を見直してみてください。

アロマについて

アロマテラピーとは。
アロマについてのまとめを記載しています。

Share this page

FacebookTwitterMore...